スマートフォンの方はこちら

医療法人菅沼医院

愛知県豊田市 
内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・予防接種・特定健診

電話でのご予約・お問い合せはお気軽に
予約専用電話 :0565-80-8575
電話:0565-80-3461
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

進行した糖尿病、脂質異常症、肝不全、腎不全、心不全、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍、認知症などは代謝異常症です。代謝経路における異常箇所を特定して必要栄養素や酵素等を補充すると同時に、抗酸化剤によるケアを同時に行い病態を改善するという新しい試みに取り組んでいます。

謝コントロール:活性化+抗酸化ケア」による生活習慣病の病態改善とは

当院では、糖尿病、脂質異常症、肝不全、腎不全、心不全、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍、認知症などの生活習慣病の方に対して、通常の内科的な薬物治療や生活指導に加えて、代謝コントロールとして、「活性化+抗酸化ケア」による生活習慣病治療に取り組み始めています。

これは体内の代謝状態を調べたうえで、必要な栄養を栄養補助食品などで補うことで、病態改善を行うものです。

生活習慣病と向き合うには、日々の生活と病状をトータルでコントロールすることが大切です。
それは食生活と運動によって、体内の代謝を適切な状態に戻すということが目的なのですが、運動すると酸化ストレスが発生するので、果物や緑黄色野菜などを取ることによって抗酸化ケアを行う必要があります。

ところが糖尿病が進んだ腎不全や、抗がん剤治療を行った後のがんの末期状態のような、病状がかなり進んでいる方は、進行した代謝不全である上に、自由に食事が取れないケースもありますから、状態がよくない時ほどこうした抗酸化ケアが必要です。

具体的には、原疾患の治療に加えて、食事や、補充栄養療法によって代謝を良くし、それによって生じる酸化ストレスを緩和するようにケアします。
大切なことは、エネルギー需要に合わせた、バランスのよい代謝管理を行うことです。体の弱っている患者さんには、たくさんのエネルギーは必要ありません。ですから弱った細胞が活動できるそれなりのエネルギーを補給して代謝を活性化します。

代謝コントロールとして、「活性化+抗酸化ケア」による生活習慣病治療


ん細胞が栄養を横取りするのでアミノ酸や脂肪が不足する

例えば肝硬変が進んでがんになっている患者さんには、がんによる疼痛を抑えるといった治療をまず行い、きちんと痛みを取ります。
次に、体内の栄養状態を調べます。当院では血液検査で、39種類のアミノ酸タンパクと脂質と糖の分析を行っています。
特にアミノ酸は体内ではできないので、アミノ酸の数値を見ることによって体内で起っている「異化反応(=モノを分解している反応)」の様子を知ることができます。

つまり、がんの場合はがん細胞が栄養をどんどん横取りしているので、体は筋肉を壊してアミノ酸に分解して、そのエネルギーで体を維持する状態になってしまっています。だから、アミノ酸が不足するのです。

ところが体が弱っている方に「何を食べていますか」とたずねると、おかゆとか食べやすい炭水化物を食べているという返事が返ってきます。しかし、その炭水化物はすべてがん細胞の栄養になってしまいます。またジュースなど必要のない糖分が体に入ってくると、余分な糖が酸化されるのでよくありません。そういう人は、糖を有効に使えないので、体の中の脂肪や蛋白を異化してエネルギーにてしまう、その結果としてたいてい痩せてしまうのです。
そうではなくて必要なのは、アミノ酸や脂肪を摂ることなのです。

ん細胞以外にエネルギーを供給する必要がある!

人間がエネルギーを取るための「異化」の経路は3つあって(図参照)、3大栄養源(たんぱく質、糖、脂質)が分解されて、ミトコンドリアの中にあるTCA回路で、エネルギー(ATP)が作られています。ビタミンはこれらの反応の補助的な役割をします。

(たんぱく質、糖、脂質)が分解されて、ミトコンドリアの中にあるTCA回路でATPが作られる

みなさん体が弱ると、摂りやすい糖が主体のエネルギー源摂取に偏ってしまうのですが、それはがん細胞のTCA回路がもっぱら使っているルートです。ですから、がん細胞以外のTCA回路を回してやるように、その他のエネルギー源とのバランスを取るように調整しなければなりません。

抗酸化だけに気を配ればよいのではなく、全体のバランスを取る必要があります。抗酸化サプリばかり飲んでいたのでは、がんができてしまいます。酸化することによって、体は自分を防御しているのです。長年の間にバランスが、微妙に崩れることによって、酸化ストレスが溜まってきて加齢が起きるのです。
その微妙な部分を消去するためには、抗酸化だけでなく、活性化も必要です。

ミノ酸や脂肪、ビタミンを栄養補助食品やサプリで補給

ですから当院では、医学的な検査の結果に従って、足りないアミノ酸や脂肪、ビタミンを補給するように指導しています。
アミノ酸の補給は医薬品(内服薬や点滴)あるいは市販のサプリメントで行っていただきます。認知症や肝炎などの症状と代謝の状態に合わせて、必要なアミノ酸を補います。

また、点滴のみで脂肪を供給すると静脈炎をおこし痛みを感じることも多いので、脂肪、ビタミンはなるべく栄養補助食品で摂っていただくようにしています。グルセルナ SR、グルセルナ-Ex、プルモケア-Ex、オキシーパなどの栄養補助食品が該当します。これによって脂肪にエネルギー代謝を切り替え、がん以外の細胞にエネルギーを送ることができます。
これらは甘くなく、炭水化物でもない栄養食品です。ただし半分以上が脂肪ですからやはり飲みづらいので、食べやすくするためのレシピも準備しています。

ビタミンには、代謝をプラスに向けるビタミン(ビタミンB)と、抗酸化作用を増すビタミン(ビタミンC、E)があります。このバランスが重要で、がんの患者さんはビタミンBを摂取しすぎてはなりません。そこで栄養補助食品中でのビタミンの組み合わせも大切になってきます。

謝バランス改善でがんの苦痛を緩和することも

代謝バランス改善でがんの苦痛を緩和することも例えば効果の少ない抗がん剤治療を続けると、体がどんどん痛んで、体が小さくなってしまいます。痛みも感じます。
当院では、まず痛みや吐き気といった愁訴に対して、薬物による緩和治療をきちんと行いますが、それに加えてこうした「代謝コントロール:活性化+抗酸化ケア」を行うことによって、患者さんご自身が楽になったり、気持ちが良くなったり、顔色や肌つやが良くなったりする等の改善効果をあげています。
とくにがんばって抗ガン剤を繰り返し使用した人は代謝バランスが崩れてしまっているので、バランス改善が必要です。そうすることによって苦痛を緩和することができると思います。

大切なことは、「患者さんご自身にもやれることがある」ということです。病状を良くするために、患者さんができることがまだ残っているんです。それが全身のエネルギー需要に見合った適切な代謝状態に戻すための果物摂取などの食事であり、食事が取れない場合の点滴、栄養補助食品抗抗酸化ケアです。
医師がこれらについて的確な指示を与えることで、患者さんご自身が病気に対して前向きに立ち向かっていけるはずなのです。
栄養補助食品
院長は、先天的な代謝異常症であるミトコンドリア病の患者さんを診て行く中で、代謝コントロール(活性化・抗酸化ケア)の有用性に気がつきました。
ミトコンドリアはエネルギーを作る細胞ですが、先天的な遺伝子の異常によるミトコンドリアの機能不全の患者さんに、バランスのとれた食事をしてもらうと、症状改善が見られたからです。

つまり「代謝が非常に重要だ」ということにまず気がつきました。そして、「加齢によって起こる生活習慣病も末期がんの人の状態も、ミトコンドリア病の人と非常に共通するところがある」と考えたのです。
普通の病気でも、野菜や果物をたくさん食べることで、症状が改善することがあります。基本はそこにあるのですが、当院では医学的なデータを取りながら必要なものを効率的に摂取するように指導しています。



医療法人 菅沼医院
愛知県豊田市 
内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・ 予防接種・特定健診

トップページ

豊田市の内科 (消化器・循環器・内分泌・腫瘍科)、リウマチ科の菅沼医院

豊田市の内科 (消化器・循環器・内分泌・腫瘍科)、リウマチ科の菅沼医院、トップページ。生活習慣病、免疫疾患の治療、インターフェロンによる肝炎治療、関節リウマチに対する注射剤(抗サイトカイン療法)、末期がん緩和ケア、訪問診療も行っています。

豊田市のみなさまへ

菅沼医院は豊田市のみなさまのかかりつけ医院

菅沼医院は豊田市のみなさまのかかりつけ医院として、内科一般、生活習慣病、免疫疾患の治療、訪問診療にあたっています。内科のユニークな試みとして、代謝(活性化・抗酸化)コントロールによる病態管理・改善にも取り組み始めています。

内科

豊田市の内科、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症

内科では、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症、かぜ、アレルギー性疾患、胃炎などの内科疾患を、薬についての臨床的な経験を駆使して、患者さん一人ひとりの症状・体質に合わせて効果的に治療しています。

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

進行した糖尿病、脂質異常症、肝不全、腎不全、心不全、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍、認知症などは代謝異常症です。代謝経路における異常箇所を特定して必要栄養素や酵素等を補充すると同時に、抗酸化剤によるケアを同時に行い病態を改善するという、内科の新しい試みに取り組んでいます。

リウマチ科


豊田市のリウマチ科

リウマチは優れた薬で治療できます。でも自己免疫疾患ですから、高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症など、血管についての生活習慣病全般に気を配らなければなりません。

予防接種・特定健診


豊田市の予防接種・特定健診・検診

当院は豊田市が行っている高齢者用インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン予防接種、特定健康診査、がん検診に対応しています。また独自に、アミノ酸分析によるがんのスクリーニング検査を行っています。

在宅医療

豊田市の認知症、脳梗塞、末期がんの患者さんのために在宅医療を行っています

当院では豊田市の認知症、脳梗塞、末期がんの患者さんのために在宅医療を行っています。医師、訪問看護師、調剤薬局でチームを組み、薬を使って疼痛を緩和し、病態をコントロールします。

アクセス地図

豊田市の医療法人 菅沼医院のアクセス

豊田市の内科、医療法人 菅沼医院は、寺部小学校の道向かい、寺部八幡宮の隣りです。駐車場20台完備。豊田市駅から名鉄バスで寺部中町下車、徒歩5分。タクシー約15分。

愛知県豊田市
医療法人 菅沼医院

内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・ 予防接種・特定健診

〒471-0019 愛知県豊田市高橋町
1丁目61番地
(寺部八幡宮隣り)

診療科

内科 (消化器, 循環器, 内分泌, 腫瘍科), リウマチ科, 小児科, 在宅診療

診療時間

診療時間 
9:00〜12:30   
 
 
 
 
 
17:00〜19:00 
     
 

休診日

木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

予約専用電話

0565-80-8575

電話

0565-80-3461

一般社団法人こいのぼり ロゴ


大きな地図で見る

QRコード   携帯サイトはこちらから