スマートフォンの方はこちら

医療法人菅沼医院

愛知県豊田市 
内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・予防接種・特定健診

電話でのご予約・お問い合せはお気軽に
予約専用電話 :0565-80-8575
電話:0565-80-3461
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症、かぜ、アレルギー性疾患、胃炎などの内科疾患

内科

高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症、かぜ、アレルギー性疾患、胃炎などの内科疾患を、薬についての臨床的な経験を駆使して、患者さん一人ひとりの症状・体質に合わせて効果的に治療しています。

の使用量を最小に

当院の内科に来られる患者さんの症状としては、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症などが多くなっています。
まず疾患の現状とタイプを把握して、病態に合わせて薬を使い分けるようにしています。院長は創薬バイオベンチャー企業で薬を開発してきた経験があるので、薬の特性を見分けて、強い薬や弱い薬を患者さん一人ひとりに合わせてうまく使うことで、薬の使用量を最小にするよう心がけています。

血圧

薬の使用量を最小に高血圧で来られた患者さんには、すぐに血圧を下げる薬をお出ししません。まず、1週間ご自宅で血圧を測っていただきます。
血圧手帳の記録を拝見して、どの時間帯にどのくらい高いのかを正確に把握し、体質、併存疾患、酒タバコなどの生活習慣を勘案した上で、生活習慣改善や薬の服用方法を指導します。
降圧薬については、強さと作用時間、用量をかなり細かく選択し、なるべく数を減らして服用していただくようにします。例えばメタボリックな体型の人であれば、長い時間作用する薬にするとか、若くて気が短い人であればすぐに効果が現れる薬を処方して、長期間薬を飲み続ける動機づけを最初に行うようにします。また朝方なかなか血圧が下がらない場合は、夕方服用する別の薬を付け加えることもあります。
薬が固定されると、夏は薬の量を減らすといった季節的な変化を加えながらモニターを続けます。


尿病

糖尿病の症状で来られた方には、まずインスリンがちゃんと出ているかどうかを確認する糖負荷試験を行います。
そして基礎疾患があるかどうかを確認します。基礎疾患がある場合は、早めに血糖値を下げる必要があるので、食事療法と薬物療法を同時に始めます。
それ以外の方は、まず食事指導を行い、うまくいかない場合はインスリンが出るようにする薬や、インスリンの働きを改善する薬を使って、薬物治療を始めることになります。

質代謝異常症

健康診断で、中性脂肪(LDLコレステロール値)が高いという結果が出る方はたくさんいます。
これはエネルギー代謝異常症ですから、体の中で溜まった糖は一部が筋肉に取り込まれるだけで、ほとんどが中性脂肪になって安定してしまいます。
油分をほとんど取らない人が太る理由は、糖分を取っているからです。
LDLコレステロール値が高い人は、血液中に余ったコレステロールがいっぱいあるということです。肝臓は脂肪をコレステロールに変換して、LDLという容れ物に入れて各細胞に運んで材料として使っているわけですが、使い終わったコレステロールはHDL(善玉コレステロール)になって肝臓に戻ってきます。それがそうならずにLDLコレステロールが溜まって酸化されてしまって、血管内に溜まって動脈硬化を起こしたりするわけです。
ですからLDLが高い患者さんは既に血管が痛んでいる可能性があります。糖尿病の方は血管の内皮がさらに酸化されて傷んでしまうので、コレステロール値を下げる必要があります。

脂質代謝異常症の薬は、コレステロール値を下げると同時に、酸化ストレスを下げる作用も持っています。
しかしあるていど高齢の女性の場合は、女性ホルモンが減るとLDLコレステロールが増えて分解できない体質の方が多いのです。そういう方の場合、女性ホルモンが減ったために骨に異常があるケースが多いので、骨粗しょう症の薬を飲むと、少しLDLを下げることができます。血管リスクがないわけですから、食事に気をつけて運動するようにすればよいでしょう。

このように、高血圧も脂質代謝異常症も、糖尿病も、全て血管や代謝でつながっている病気と言えるのです。薬や食事や運動も全身に作用するのです。

知症

アルツハイマー型認知症は、脳の海馬という組織が劣化して起きるものです。神経細胞が死ぬために、記憶が欠落してしまいます。
認知症は特別な病気ではなく、加齢によって起きる一般的な症状です。ですからみんな高齢になると記憶力は落ちていくのですが、その落ち方が甚だしいと社会生活に影響が出てしまいます。
当院では、ご家族の方から「これは認知症ではないか」とご相談があると、まずご本人に認知症のテストを行い、画像診断を行って、必要に応じて専門医をご紹介します。
認知症の主要な薬は3つあり、脳内伝達物質を増やす薬などを組み合わせて使用します。ご本人に薬をお出ししますが、治療の主体は家族のほうにあります。ご家族がうまく対処すれば、認知症の症状は劇的に緩和するのです。
徘徊や暴力などの認知症の周辺症状は、記憶がいきなり欠落したことによる混乱と不安の反映ですから、ご家族の方には決して「異常だ」と考えず、本人を叱らないように、一緒に病気と向き合う姿勢を保っていただきたいと思います。
また介護サービスをうまく利用することで、ほとんどの症状は安定すると思います。

C型肝炎

簡易血液検査装置簡易血液検査装置当院には、C型肝炎の患者さんも多く来られます。高齢者だけでなく、若い人も少し増えてきました。
C型肝炎も、インターフェロンや核酸阻害剤のような治療効果が期待できる薬によって、治療できるようになりました。
院長は以前、外科専門医の下で肝がんの手術をたくさん行っていました。肝硬変、静脈瘤破裂、腹水で苦しむ患者さんを、最期まで「何とかできないか」と診てきましたが、こうした病気が薬物治療できるすばらしい時代になったと思います。
入院の必要もないので、当院では外来で治療しています。


かぜの症状で来院した方は、のどを診て、聴診器を当て、熱を測ります。インフルエンザの季節であれば、インフルエンザの検査を行います。
重症度に応じて薬をお出しします。熱を下げ(抗生剤)、せきを止め、鼻水を抑える薬をワンセットとしてお出しするようにしています。
多くの感冒はウィルス性疾患ですから、抗ウィルス薬が必要です。しかしウィルス性のかぜでない場合は、症状を抑えながら体の治癒力を高めて治すことになります。
高齢者で肺炎の疑いがある場合は抗生物質が必要です。

点滴室広い点滴室当院は高齢者の方が多いこともあり、点滴のご要望にお応えするために点滴ベッドをたくさん設置しています。ベッド6床と点滴チェア3台があります。
点滴による薬剤の投与も有効なケースが多いです。













レルギー性疾患

アレルギーによる花粉症、目のかゆみ、皮膚のかゆみ、喘息の患者さんもいらっしゃいます。
症状の程度を伺い、アレルギー検査をした後、症状を抑える薬やステロイドの吸引などを行っていただきます。
最近は良い薬が出ているので、以前のように夜中に喘息の発作が出るようなことは減っています。
息切れしたり、たんが多い、咳が続いたりする症状の方のなかには、COPD(慢性閉塞性肺疾患)になっているケースも意外に多いようです、息苦しさを感じる場合は、肺気腫のような慢性の呼吸器疾患、もしくは心臓の疾患を疑う必要があります。
皮膚疾患についても、薬物治療で対応しています。

痛・胃炎

超音波検査装置超音波検査装置当院長の本来の専門分野は消化器科です。
腹痛、下痢、胃炎、食欲不振などで来られた場合、超音波や内視鏡による検査を行うこともあります。
当院には、経鼻内視鏡・上部内視鏡があり、胃、肝臓、胆のう、十二指腸などの病気が診断できます。
ヘリコバクター・ピロリ菌感染胃炎の方も多いです。内視鏡によるピロリ菌の感染検査は、除菌を行うために必要です。
過敏性胃腸炎のような神経性の胃腸炎の場合は、投薬治療が有効です。









医療法人 菅沼医院
愛知県豊田市 
内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・ 予防接種・特定健診

トップページ

豊田市の内科 (消化器・循環器・内分泌・腫瘍科)、リウマチ科の菅沼医院

豊田市の内科 (消化器・循環器・内分泌・腫瘍科)、リウマチ科の菅沼医院、トップページ。生活習慣病、免疫疾患の治療、インターフェロンによる肝炎治療、関節リウマチに対する注射剤(抗サイトカイン療法)、末期がん緩和ケア、訪問診療も行っています。

豊田市のみなさまへ

菅沼医院は豊田市のみなさまのかかりつけ医院

菅沼医院は豊田市のみなさまのかかりつけ医院として、内科一般、生活習慣病、免疫疾患の治療、訪問診療にあたっています。内科のユニークな試みとして、代謝(活性化・抗酸化)コントロールによる病態管理・改善にも取り組み始めています。

内科

豊田市の内科、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症

内科では、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症、肝炎、リウマチ、認知症、かぜ、アレルギー性疾患、胃炎などの内科疾患を、薬についての臨床的な経験を駆使して、患者さん一人ひとりの症状・体質に合わせて効果的に治療しています。

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

代謝(活性化・抗酸化)コントロール

進行した糖尿病、脂質異常症、肝不全、腎不全、心不全、慢性関節リウマチ、悪性腫瘍、認知症などは代謝異常症です。代謝経路における異常箇所を特定して必要栄養素や酵素等を補充すると同時に、抗酸化剤によるケアを同時に行い病態を改善するという、内科の新しい試みに取り組んでいます。

リウマチ科


豊田市のリウマチ科

リウマチは優れた薬で治療できます。でも自己免疫疾患ですから、高血圧や動脈硬化、骨粗しょう症など、血管についての生活習慣病全般に気を配らなければなりません。

予防接種・特定健診


豊田市の予防接種・特定健診・検診

当院は豊田市が行っている高齢者用インフルエンザ、肺炎球菌ワクチン予防接種、特定健康診査、がん検診に対応しています。また独自に、アミノ酸分析によるがんのスクリーニング検査を行っています。

在宅医療

豊田市の認知症、脳梗塞、末期がんの患者さんのために在宅医療を行っています

当院では豊田市の認知症、脳梗塞、末期がんの患者さんのために在宅医療を行っています。医師、訪問看護師、調剤薬局でチームを組み、薬を使って疼痛を緩和し、病態をコントロールします。

アクセス地図

豊田市の医療法人 菅沼医院のアクセス

豊田市の内科、医療法人 菅沼医院は、寺部小学校の道向かい、寺部八幡宮の隣りです。駐車場20台完備。豊田市駅から名鉄バスで寺部中町下車、徒歩5分。タクシー約15分。

愛知県豊田市
医療法人 菅沼医院

内科・リウマチ科・代謝(活性化・抗酸化)コントロール・ 予防接種・特定健診

〒471-0019 愛知県豊田市高橋町
1丁目61番地
(寺部八幡宮隣り)

診療科

内科 (消化器, 循環器, 内分泌, 腫瘍科), リウマチ科, 小児科, 在宅診療

診療時間

診療時間 
9:00〜12:30   
 
 
 
 
 
17:00〜19:00 
     
 

休診日

木曜日・土曜日午後・日曜日・祝日

予約専用電話

0565-80-8575

電話

0565-80-3461

一般社団法人こいのぼり ロゴ


大きな地図で見る

QRコード   携帯サイトはこちらから